オフィスで 6分間体幹トレーニングmmj blog

こんにちは、広報/デザイナの松本です。

昨年、ふとした雑談をきっかけにしてオフィスで体幹トレーニングをはじめることになったのですが、
はじめてから早10ヶ月がたちました。

弊社は体育会系とは真逆のノリで、流行の(?)マッスル系エンジニアもいないので、まさかこんなに続くとは。ほぼ全員が業務中は1日座りっぱなしという環境もあってか、みんな運動不足を気にかけていたようで、頑張りすぎないライトな運動が良いようです。

強制でもなく10か月間も続くのは意外とすごいことなのでは?と思い、この取り組みをブログに書きとめておくことにしました。


体幹トレーニング中

続けられている秘訣はずばり

体幹トレーニング用の音声プログラムを作成

体幹トレーニングを始めた当初は、Youtube動画を再生したり、ストップウォッチで時間を計ったり、アプリを使ったりと、色々な方法を使っていました。また最初はどれくらいの負荷がよいのかわからず、時間も色々と調整してました。

そんな中、エンジニアの一人がシンプルな音声読み上げのプログラムをRubyで組んでくれました。
「フルプランクスタート、、10秒、、、、5、4、3、2、1」という感じで音声でガイドしてくれます
そのプログラムは他のエンジニアも交えて、音声を女性ボイス・男性ボイスで切り替えてみたり、途中で励ましてくれる機能を追加したり(ウザくなってやめた)など、細かい改善がいろいろと加えられています。
プログラムに新しい機能を追加した際、カウントダウンが延々と終わらないバグが発生して全員が苦しむなども経験しました。

オリジナルプログラムがさっと生まれるのは、システム会社ならではの贅沢ですね。

今は 40秒体幹トレ+ 20秒レスト ×6セット というメニューに落ち着いており、
プログラムもGithubに公開していますのでどなたでも利用可です↓
(音声読み上げの都合から、Macのみで動作可)
https://github.com/mediamaxjapan/plank_timer

やる時間を固定する

ずれることもありますが、「15:30からやろう」と決まっています。
習慣化したいことは「この時間はこの作業の為のもの」と枠を確保することでできるようになる、ということで時間を決めています。(たしかアジャイル開発のタイムボックスの話が出たように思います。)
自動のプログラムで時間が決まっているため、ダラダラ延びずに毎回キッチリ6分で終われる保証があることも大事な点だと思いました。
(会議などでもダラダラ長びいた経験があると、会議をすること自体が億劫になりますよね)

また毎回「やる・やらない」の判断をすると意外と精神力を使ってしまうので、特別な事情がないかぎりは参加者が一人でも二人でも自動的にやるようにしています。


やらなくてもOK!(散らかっているデスクを片づけるプロジェクトも進行中)

スクラムマスター(的な人)がいる

時間になったら声掛けをしてくれて、時々内容のカイゼンを考えてくれるスクラムマスター的な人がいるのも大事です。
全てが自動になりすぎず、ちゃんと人が介在している感じがいいのかもしれない。

欲張らない

最初はメニューがきつくてこなせなかったりしましたが、慣れてくるとみんなできるようになってきました。
でもそこで負荷をどんどん上げたりせず、無理ない範囲で淡々と継続しています。

新しいコンテンツも取り入れる

最近では新しいコンテンツとして、週に1、2回ヨガを取り入れています。
趣味でヨガをやっているスタッフがいるため、そのスタッフの手が空いているときにはボランティアでヨガの先生をしてくれます。なんという贅沢。
ストレッチをメインに、その先生役スタッフいわく簡単なポーズばかりとのことですが、体が異常に硬い人が多いため、ヨガの日はいつもあちこちから悲鳴が聞こえてきます。


阿鼻叫喚を巻き起こしがちなヨガ

.
..

さて、こんなことろでしょうか。

続いている理由をあれこれと書きだしてみましたが、なによりも
参加してる皆が「楽しい」「メリットある」と感じていることが一番の理由だと思います。
どんなに仕組みが整っていたとしても、意味を感じられないことは続かないですし。

この体幹トレーニング、もちろん業務ではないのですが、自分たちで工夫しながらカイゼン・継続して仕組みとしてして定着していくところは仕事にも通じる面があるかもしれません。(他にも色々なトライをしてきましたが、これだけ安定して続いているのは体幹トレーニングだけ…!)
スタッフの健康はもちろん、体を動かすことで頭もすっきりするので、生産性が上がるかもしれません。
オフィスにちょっとした雑談も生まれやすくなります。

今は京都オフィスのメンバーを中心にやっているのですが、今後はリモートワークのスタッフや、東京のスタッフももっと気軽に楽しめるようになるとよいなと思っています。

デザイナ/広報 松本 |

« »
このページのトップへ