新卒入社してみてmmj blog

エンジニア 上田
エンジニア 上田
2018年05月11日

今弊社へ応募しようか迷っている人に向けて僕の例を書きます。少しでも参考になれば幸いです。

入社経緯

大学の専攻は法学部で今の業界には関係がありませんでした。大学でも3年次は公務員のための勉強をしていました。
4年次にした短期留学を機に自分の興味のある分野の仕事をしたいと思ってIT業界を中心に就活しているうちに弊社を見つけました。

私の会社を選ぶ際に大切にしていた基準は

・将来のキャリアパスが設計だけを行うSEでは無いこと
・フレックスタイム制
・休みがまとめて取れる

の3点でした。

十数社面接を受けて毎回この点について質問していましたが、全て満たす企業は少なかったです。

キャリアパスについては面接を重ねていく過程でコードを書くことの重要性を共通認識として会社が持っていることを感じました。
また京都本社に実際に訪問した際には京都オフィスの方と直接話すことができて自分の想像していた雰囲気とあっていると感じました。
大学で電子計算機研究会に一時期所属していましたがそこと同様のIT系特有?の雰囲気です。

入社後

私の現在の会社での一日の流れは

10:00 出社
10:00~11:00 読書会
11:00 朝会
11:00~19:00 開発(途中で自由に休憩を取る)

です。

学習と研修

4月中にいくつか外部研修を受けました。
内容はビジネスマナーや電話対応、社会人の学習方法等普遍的なもので役に立ちました。(未だにビジネスマナーを実践する機会を得られてませんが…)

それ以外には出社してから1時間ほどは自分が今興味のあることや業務を行う上で必要な知識を勉強しています。
バイトを始める前は動画学習サイトでJavaScriptについて勉強して自分のHPとgoogle拡張機能(JavaScriptで実装できるアプリ)を開発した程度でした。
ですから入社前は会社の規模が小さいので他の企業の様な研修が無くて開発を行えるのか不安でしたが今のところ問題なくやっていけてます。

自分の興味のあること、今業務で必要なことを自分のペースで学習できるので今はこのスタイルが気に入っています。 
 

開発について

JavaScriptを勉強したので仕事でもフロントエンドで開発を行うと考えていましたが現在はkotlinにてサーバーサイドの開発をやっています。
2月にバイトし始めた頃はkotlinのHello Worldすら書けない状態でしたが、現在は開発しやすい場所を任せてもらうことでプロジェクトに参加できています。
弊社はペアプログラミングを採用していて最初の内は二人で開発を進めましたので不安は特にありませんでした。またペアプログラミングが無くても自分が開発した箇所をコードレビューしてもらえるので日々勉強になってます。

比較的新しい言語で自分が勉強したことをすぐに仕事で使えて学習中に疑問に思ったことをすぐに周囲に尋ねられる環境は非常に楽しいです。
先輩は自分より深い知識があって話についていくことが難しい場面もありますが、尋ねると丁寧に教えてくれます。

フレックスタイム制と休みについて

バイトの期間も含めて3ヶ月が経ちましたが他の社員さんは自分の裁量で休みを取っていて取りづらい雰囲気も感じません。
私もこの秋には北京へ旅行を計画しています。

自分の裁量で決められる反面、自己管理能力が必要で、大学時代のような時間管理ではやっていけないなぁと日々感じております。

終わりに

以上が簡単でしたが入社までと入社後の自分でした。
ここまで読んでくれた方は真剣にメディアマックスジャパンを検討してると思うので是非応募してみてください。
京都近辺に住んでる方は一度ランチ会を一緒にすると雰囲気がわかると思います。僕もこれが決め手になりました。

2018年05月11日

エンジニア 上田 |

« »
このページのトップへ