運用管理Management

先にも申し上げたとおり、Webサイトは“目的を達成するための道具”です。
目的を見据え、常に注意を払い、メンテナンスや改善を行っていくことが大切です。

データに基づく改善を行い、Webサイトをベストな状態に

Webサイトを運用していく上で重要な点のひとつは、そのWebサイトが思惑通りの役目を果たしているか、何か改善点はないか、常に注意を払っておくことです。

そして、そのとき最も重要となるのが「データ」です。
アクセス数やサイト内におけるユーザーの動き、また市場の動向や競合他社の施策など、定期的にデータを取り、そのデータをもとに、必要と思われる改善や、場合によってはコンテンツの追加なども行います。
そうしたPDCAを繰り返すことで、Webサイトを常に良好な状態に保つことができるのです。

mmjでは、専門のマーケティングチームがデータを読み解き、デザインチーム、システムチームと連携して、Webサイトの運用をおこなっています。

状況の変化に合わせて臨機応変に対応

世の中の状況は常に変化しています。 政治、経済、娯楽、その他、どのようなジャンルであれ、それは変わりません。

そんな中、Webサイトについて見てみると、制作段階ではベストと判断した施策が、時間の経過や「外的な何か」が要因で、ベストではなくなってくる場合があります。

そんなときは、状況に合わせて最良と思われる施策をおこないます。
もちろん、見失ってはならない「目的」は見据えた上で、です。

軸は軸としてしっかり保ちながら、その時々の状況には臨機応変に対応する。
言わば、「強くて」「しなやかな」Webサイト運用を、mmjはおこなっています。

このページのトップへ