リーシング業務支援システムの開発・構築例

Outline

システム概要

管理会社の入居者募集業務を効率化して、作業時間を大幅に削減するシステムです。基幹システムに入っている物件情報を、API連携で業者間サイトに自動登録したり、電子契約システム・保証会社・保険会社と連携したりすることも可能です。

リーシング業務支援システムの概要図
ネットや自動音声で空室確認できるので、物確電話が劇的に減少。申込み自動受付や物件情報コンバート等の機能と連携して、リーシング業務全般を効率化。

できること

  • ネットで物件情報・空室確認
  • 自動音声応答システムで空室確認
  • 内見方法自動案内
  • Web申込み受付、FAX申込書自動受付
  • 物件図面ダウンロード
  • PCで図面FAXを送信
  • 不動産ポータルサイトへの物件情報コンバート
  • アクセス数集計

導入メリット

  • 物確電話の対応件数削減(平均削減実績63%)
  • 図面FAXの送信回数削減(平均削減実績60%)
  • 入居申込受付業務の時間短縮
  • 物件情報登録作業の時間短縮
  • 業務効率化による残業代・人件費削減

機能拡張・カスタマイズ例

  • 基幹システムに入っている物件情報を、API連携で取り込んで、募集情報として業者間サイトに自動登録。
  • 入居申込書をペーパーレス化。入居申込のあった物件情報・個人情報を、エクセルやpdfファイルで出力。
  • 電子契約システム・保証会社・保険会社との連携
  • 申込みから契約までの業務進捗管理

開発事例

物確.comロゴ

カスタマイズが不要な場合は、パッケージシステムをご利用頂けます。詳しくはこちらをご覧ください。

何か実現したいことはありませんか?

          まずはお気軽にご相談ください。詳しいお話をお伺いして、
ご要望に合ったご提案をさせて頂きます。
お問い合わせ
このページの先頭へ戻るボタン