出席管理・確認システム【スマホとビーコンで出欠自動集計】

Outline

システム概要

システム概要
スマホ・タブレットを利用して、出席を自動管理できるシステム

大学や専門学校、学習塾等で、学生の出席状況を一元管理できるシステムです。学生が所持しているスマートフォン・タブレットと教室に設置したビーコンを利用して、学生が室内にいるかどうかを判定し、出席状況を自動集計します。

Benefit

導入効果・解決できる課題

  • 学生の出席管理、出席確認を自動化できる。
  • 従業員の出退勤確認、勤怠管理も自動化できる。
  • 出席管理、勤怠管理業務を省力化。
  • 不正出席を防止できる。
  • 教務システムとのデータ連携で、更なる業務効率アップも可能。

大学や専門学校、学習塾等において、学生の出席確認や出席状況の集計など、出席管理に多大な労力がかかり、教職員の業務負荷が大きくなっていませんか?

適切に教育指導を進める上で、学生の出席状況を正確に把握することは非常に重要ですが、そのために必要以上に手間と時間がかかっているとしたら問題です。

「スマホを利用した出席管理・確認システム」なら、学生が所持しているスマートフォン・タブレットで出席を判定し、出席状況を自動集計できますので、出席管理業務を大幅に省力化・効率化できます。

また、「デバイスの所持者が教室内にいるか」をリアルタイムで認識できますので、「途中で抜ける」といった不正の抑止効果もあります。

Merit

導入のメリット

出席管理業務の効率化

教職員は、管理画面で出席状況を簡単に確認可能。

教職員も学生も、出席に関するデータをアプリで見て、個別の出席状況をすぐに把握できる。

教務システムとのデータ連携、学生の出席データ自動送信も可能。

不正の抑制につながる

学生の入退室の時間を自動で記録し、実際に教室にいた時間を計測できる。

室内にいた時間が分かるので、「出席登録するだけの入室」「途中で抜ける」「代返」といった不正ができない。

勤怠管理にも使える

出勤・退勤した時間と、在室していた時間の記録が残るため、教職員や従業員の出退勤管理ができ、タイムカードとしても使える。

System guide

システム説明

システム説明

弊社では下記の内容で実証実験をおこないました。

  • 教室の天井や柱に、1教室あたり約5個のビーコンを設置。
    ※教室の大きさ・構造などにより設置個数は前後します。
  • 廊下やまわりの部屋にもビーコンを設置し、教室のビーコンとあわせて、学生の在室を判定。
  • 特定の部屋へ出入りできる人を制限したい
  • 教員が「授業開始」ボタンを押して、授業を開始。
  • 学生が教室内でスマホのアプリを立ち上げて、「出席」ボタンを押すと、出席成立。
    ※出席の条件は自由に設定可能(例:授業開始から10分在室した時点で出席にする。)
Function

機能

アプリで出席登録

  • スマートフォンのアプリで教員が授業を開始し、学生が教室内で出席ボタンを押すことで出席を登録します。

出席状況閲覧

  • 教員、学生が、出席に関するデータをアプリで見ることができます。

事務用の管理画面

  • 出欠情報は自動的に集計。教員、事務員は、PCの管理画面で授業ごとに出欠情報を見ることができます。

出席手動処理機能

  • スマホを忘れたり、充電が切れてしまって「出席」ボタンが押せなかった学生を、教員が手動で「出席」にすることができます。

データの保存・分析・出力

  • 出席データはCSVファイルで出力できます

教務システムとのデータ連携

  • 学生の出席データを自動的に出力して、教務システムに送信できます。
Consultation

プロに無料相談

スマホとビーコンで出欠を自動管理できる「出席管理・確認システム」にご興味がある大学様は、システム開発のプロであるmmjにご相談ください。ITに関する詳しい知識は不要です。

学校ごとのニーズに合わせて実際に事務作業を効率化してきた知見を活かし、貴学の業務を効率化できるソリューションをご提案させて頂きます。

教務事務システムの開発・Web制作はメディアマックスジャパン株式会社へ

お気軽にご相談ください
今すぐお問い合わせ
このページの先頭へ戻るボタン