Webシステム開発の流れ

御社にフィットするWebシステム・業務システムを構築するための流れをご説明します。まず御社の業務内容や、実現したいこと、ご予算等をヒアリングさせて頂き、御社に最も適切なソリューションをご提案させて頂きます。

必要な場合はサーバー等、運用環境(自社で運用する際のハードウェア、外部で運用する際のクラウド)構築や、セキュリティ対策等、ソフトウェアの選定・導入支援も可能です。

システム開発の流れ概要図
Step1

お問い合わせ・ご相談

  • 構築されたいシステムの概要をお知らせください
  • 「開発制作実績」のページに記載のあるシステムの中から、ご興味をお持ちのシステム名や機能をお知らせ頂くか、「こんなことがしたい」といった、ざっくりとしたイメージでも構いません。
  • 最初はおおまかな内容のご相談からスタートし、システム開発のプロが、御社のイメージを形にしていくお手伝いを致します。
  • ご相談は無料です。お気軽にメールでご連絡ください。
Step2

ヒアリング・デモ体験

ヒアリング

  • 今の業務上の課題や、何をどのように効率化されたいか等について、メール・電話や、ZOOM等でのオンラインミーティングでヒアリングさせて頂きます。
  • 「こんなことで困っている」「こんな機能が欲しい」といった、ざっくばらんなお話や、イメージされているシステムの参考例等があればお聞かせください。
  • 弊社では、コロナウイルス対策と開発コスト抑制の観点から、ヒアリングやデモ体験は、基本的にオンラインミーティングツールで実施させていただいております。

デモ体験

  • ご希望の場合は、ヒアリング時に、弊社が開発したWebシステムのデモ体験も承っております。デモ体験では、実際の画面や機能を体感して頂くことができます。
Step3

要件定義・お見積り

要件定義

  • ヒアリングで伺った御社のニーズやイメージを、システム開発のプロの視点で要件に変換。「どんなことを実現する、どんなシステムなのか」という概要を書類にまとめます
  • この書類は、御社内でのご検討や稟議に必要な、「システム仕様書」「稟議資料」としてもご利用頂けます。

概算お見積り

  • 作成した要件定義(システムの概要書)をもとに、ご予算に合わせたプランのご提案と、概算のお見積り・スケジュールを作成し、ご提案させて頂きます。見積りの内容は担当者が丁寧にご説明し、不明瞭な見積りは一切致しません。
  • 最初は詳細が確定していないため概算になりますが、その後の詳細設計で最終的なお見積り金額が確定します。
Step4

契約/設計・開発

契約

  • 金額、期間、納期などをご承諾頂きましたら、正式にご発注を頂き、契約書、NDA(秘密保持契約書)を取り交わします

    ※お見積り作成の際に、秘密保持が必要な情報がある場合は、お見積りの前にNDAを締結させて頂きます。

詳細設計

  • システム開発の前に、機能の詳細、実現したい項目、画面遷移等についてお打ち合わせし、イメージにズレがないか確認して頂きながら、確定した内容を設計書にまとめていきます。

最終お見積り

  • 大規模なシステムの場合、最終的な設計内容が固まった時点で、最終的なお見積り金額が確定します。
  • 最終的な金額と設計内容をご承諾頂きましたら、デザイン・開発作業に入ります

デザイン制作

  • まず最初に、ユーザーがパソコンやスマートフォンで操作をする画面のデザイン制作をおこない、システムの操作イメージを具体的にご確認頂きます。
  • イメージの相違がないことを確認して頂いてから開発することで、完成した時に「想定していた物と違う」といったトラブルを極力減らすことができます。

開発作業

Step5

テスト/導入・運用

弊社の品質管理専門チームが、責任を持って動作の確認、様々な条件でのバグ及びエラーチェック、表示チェックをおこないます。

単体・連携テスト

  • 開発したプログラムが機能単位・画面単位で正常に動作するかどうか、業務の流れに沿って、テストサーバーで一通りテストします。
  • 御社の既存のシステムと連携する場合は、連携テストもおこないます。

最終テスト・検収

  • 本番サーバーに移行して、本番サーバー上で最終テストを実施します。
  • お客様自身でもチェックして頂く「検収」をおこないます。

導入・運用保守

  • 問題がなければ、運用を開始します。
  • 運用開始後は、システムやサーバーのトラブル対応、操作方法のサポート、バージョンアップやカスタマイズ・改修の対応も可能です。
  • 運用後に改めてお気づきの点やご要望などございましたら、お気軽にご相談ください。
このページのトップへ