入退室管理システム【スマホでの電気錠開閉を一括管理】

Outline

システム概要

システム概要
スマホで電気錠開閉!全部屋の鍵開閉を一括管理できるシステム

錠穴に差し込む物理的な鍵ではなく、スマートフォンのアプリで施設内の部屋のドアを開閉できるようにするキーレスシステムです。Webの管理画面で、部屋の開閉に関する条件設定と、各部屋の現在の解錠状態・開閉履歴の確認ができます。

Benefit

導入効果・解決できる課題

  • 大学のキャンパス等、部屋・利用者数の多い施設でのセキュリティ対策強化。
  • 物理鍵の煩わしい管理を効率化。
  • 鍵の受け渡しが不要。非対面・非接触で鍵を管理できる。
  • 部屋の状況確認を省力化。全部屋の状況が一覧で確認できる。
  • 部屋ごとの開閉履歴を自動記録。いつ誰がどの部屋を開閉したのか確認できる。

施設内の部屋の不正入室防止対策や、煩雑な鍵の管理業務でお困りではありませんか?

入退室管理システムを導入すれば、学生や教職員が所持しているスマートフォンで鍵の開閉ができ、物理的な鍵の管理業務と受け渡しが不要になります。

管理画面で全部屋の現在の解錠状態、利用中の部屋、閉め忘れている部屋がないかを一覧で確認できるので、部屋の管理業務を大幅に効率化することができます。

部屋ごとに開閉できる利用者を教員、職員、学生といったグループに分けて、各グループが開閉可能な部屋を設定できるので、例えば、学生が入れないようにしたい部屋は、学生が鍵を開けられないようにして不正侵入を防止。

各自のスマートフォンからリクエストされた開閉操作は自動的にサーバーに記録され、いつ誰がどの部屋を開閉したのかすぐに調査できますので、セキュリティ対策としても役立ちます。

Merit

導入のメリット

鍵の発行・管理業務を効率化

物理的な鍵がいらなくなる。鍵の大量発行、複製が不要になる。

権限の付与や削除が管理画面で簡単にできる。

管理画面でアカウントを設定し、各自のスマホにアプリを入れれば、すぐに鍵として使えるので、対面での鍵の受け渡しが不要。

部屋の解錠状態一括管理で業務を効率化

どの部屋が開いていて、閉まっているのかが、管理画面ですぐ分かる。

部屋ごとに開閉の条件を設定でき、変更も可能。

セキュリティ強化

権限グループ(教員、職員、学生など)ごとに、開けられる部屋を変えることができる。

1人ずつアカウントが割り振られているため、開閉履歴を記録できる(いつ誰がどの部屋を開けたのかが分かる)。

トラブルが発生した場合、履歴を確認して、開閉時刻、人物の特定が可能。

System guide

システム説明

システム説明

システム詳細

  • 電気錠が導入されている部屋のみ制御可能です。
  • スマホから開錠リクエストを送ると、サーバーが対象の部屋につながったプログラマブルロジックコントローラ(PLC)を特定します。そのPLCに対して「対象の部屋を開ける指示」を出すことで、対象の部屋の鍵が開く仕組みです。
    ※PLCとは?⇒リレー回路の代替装置として開発された制御装置のこと。
  • 1つのPLCで30部屋程度を制御することができます。

補足説明

  • スマホの画面上で、開閉する部屋を一覧から探して操作します。
    ※「よく利用する部屋」はお気に入りに登録しておき、お気に入りの一覧から操作することも可能です。
  • 開閉までに若干タイムラグが発生します。(スマホで操作後、1秒ぐらいかかります。)
  • スマホが充電切れの時は、部屋の外から鍵を開けられません。
    ※部屋の中からは開けられます。
  • 部屋のドアに電気錠が設置されていない場合、設置工事が必要になります。
Function

機能

管理者用Web管理画面

★開閉状態一覧表示

  • 全ての部屋の解錠状態が一覧表示で確認できます。

権限設定機能

  • 学生、職員、教員などの権限グループごとに、開閉できる部屋を設定できます。

鍵開閉条件設定

  • 部屋ごとに一時開錠、連続開錠の設定ができます。

①一時開錠⇒スマホで鍵を開けた後、しばらくたったら自動的に施錠。

②連続開錠⇒スマホで鍵を開けたら、開けたままにする。閉める時はスマホで施錠。

スマホ用アプリ

部屋一覧・検索機能

  • 各自の権限で開閉可能な部屋を一覧表示します。部屋名を入力して検索もできます。

開閉機能

  • 対象の部屋の解錠ボタンを押すと、ドアが開きます。
  • 対象の部屋の施錠ボタンを押すと、ドアが閉まります。

お気に入り機能

  • よく利用する部屋を、「お気に入り」として登録できます。
Server

サーバー環境

Linux OSの専用サーバーをAWS上に構築し、VPN経由で施設内に設置したPLCに接続する構成を推奨。

オンプレミス型での運用や、その他の環境をご希望の場合は調査が必要なため、別途ご相談になります。

Project outline

プロジェクト概要

制作期間 3ヶ月~
費用イメージ
  • 基本料 300万~
    ※サーバーセットアップ、PLC導入、アプリ導入
    ※電気錠がある前提
  • PLC代 約10万円/1台
    ※1台で30部屋程度の制御が可能
Introduction example

導入事例

東京音楽大学 中目黒キャンパス様

概要

キャンパス内の全ての教室、練習室(自習用)、レッスン室、会議室の鍵開閉を一括管理。既に設置済みだった電気錠に対して、本システムを通じて指示を出し、開錠・施錠ができるようにしました。

職員用の管理画面で、部屋ごとに鍵の開閉権限・条件を細かく設定でき、利用者は、自分のスマートフォンに入れたアプリで部屋の鍵を開閉することができます。

導入の経緯・背景

  • キャンパス内の各部屋への不正侵入対策を強化する必要があった。
  • 鍵の大量発行や紛失対応等、管理業務が煩雑だったため、業務を効率化したかった。

課題とご依頼内容

  • 部外者が勝手に入室することを防ぎたい。
  • 各部屋の開閉履歴を自動的に記録したい。
  • 特定の部屋へ出入りできる人を制限したい。
  • 鍵管理業務を省力化・効率化したい。
  • スマートフォンからの遠隔操作で部屋の開閉ができるようにしたい。

画面イメージ

管理者用画面

解錠状態の管理画面
【解錠状態の管理画面】
管理している部屋一覧に対して、画面を開いた時点での解錠状態が表示されます。
権限グループの管理画面
【権限グループの管理画面】
ここで定義した権限グループを部屋に割り当てるとそのグループに所属している人が開閉できるようになります。
スマホで鍵の解錠をする画面
【スマホで鍵の解錠をする画面】
Consultation

プロに無料相談

スマホでの電気錠開閉を一括管理できる「入退室管理システム」にご興味がある大学、専門学校、会社様は、ぜひシステム開発のプロであるmmjにご相談ください。ITに関する詳しい知識は不要です。

学校や会社ごとのニーズに合わせて実際に事務作業を効率化してきた知見を活かし、業務を効率化できるソリューションをご提案させて頂きます。

教務事務システムの開発・Web制作はメディアマックスジャパン株式会社へ

お気軽にご相談ください
今すぐお問い合わせ
このページの先頭へ戻るボタン