ワードプレスの不動産自社サイト・ホームページの作成方法

アバター画像
WEBマーケター 井上
2023年02月08日


WordPress(ワードプレス)で自社の本格的な不動産サイト、物件情報ホームページを作成できるのをご存知ですか?

方法はいつくかあるのですが、結論から言うと、カスタム投稿タイプを制作して、既存のデザインテーマをカスタマイズするかオリジナルデザインを制作するかのどちらかがおすすめです。

この記事を読めば、ワードプレスで物件情報サイトを制作する方法と注意点が分かります。5分で読み終えられますので、自社の本格的な不動産サイトの作成方法をお探しの方は、しばしお付き合い頂ければ幸いです。


「できればポータルサイトへの掲載料は減らして自社で集客したい。でも自社のホームページを作って運用するのも多額の費用が掛かりそうだし、一体どうすれば。。。」

集客のためにSUUMOやat home等のポータルサイトに支払っている、掲載料が重い負担になっていると感じていませんか?

専門知識がなくても簡単にサイトの更新ができるCMS(Contents Management System)の中で、最も多く利用されている「WordPress(ワードプレス)」を使えば、「自社で簡単に更新できる本格的な物件情報サイト」を格安で作れます

ただし、「どんな規模・内容で、何ができるサイトにしたいか」によって、必要な費用と期間、制作方法が大きく変わります。まずはきちんと計画を立てて、しっかりとプロジェクトを設計することが重要です。

ワードプレスで不動産情報サイトを作る方法は、使うプログラムとデザイン方法の組み合わせで、主に4つのパターンに分かれます。

4つの制作パターン

  1. 不動産プラグイン+既存のデザインテーマ
  2. 簡単不動産pro+既存のデザインテーマ
  3. カスタム投稿タイプを作成+既存のデザインテーマ
  4. カスタム投稿タイプを作成+オリジナルデザイン

Pattern① 不動産プラグイン+既存のデザインテーマ

【この方法の完成イメージ】

引用元:不動産プラグイン

「不動産プラグイン」とは「株式会社日本コンピューター開発」が提供している、ワードプレス用のプラグイン(WordPressの機能を拡張できるツール)で、無料でも使えます

デザインテーマ(テンプレート)は無料で利用できる物もありますので、デザインにこだわらないなら、無料でサイトが作れます(サーバー・ドメイン関連の費用は必要です)。デザインにこだわりたい場合は、10種類以上用意されている有料テーマの中から好きな物を選んで購入します。価格は5~10万円前後です。
※上の完成イメージは有料のデザインテーマです。

不動産プラグイン対応のデザインテーマ

導入方法は簡単で、ワードプレスの管理画面で「不動産プラグイン」を追加するだけ。無料でベーシックな物件情報サイトを構築できるのに加え、有料オプションで会員ログイン機能、レインズや不動3之助との連携等の拡張機能も追加できます。

要するに、「無料でもサイトを作れるが、見栄えを良くする、又は、機能を充実させる場合は費用がかかる」ということです。

不動産サイト制作用に特化して作られているプログラムのため、物件情報や画像を登録して、必要な設定をすればすぐにサイトが完成。しかもワードプレスの基礎知識があれば、自力で簡単に不動産サイトを作れてしまうのが最大のメリットです。その一方で、デメリットが3つあります。

1.カスタマイズが非常に難しい

不動産プラグインの使用を前提としたデザインテーマのため、自由なデザイン変更は難しい点について認識しておく必要があります。

また、完成型のプログラムであるがゆえ、スタッフ様が使う管理画面もお客様が見るサイトの表側も、決められた内容のまま使うのが基本で、希望通りのカスタマイズは困難です。サイトを運用していく上で必ず出てくる「●●を〇〇に変えたい」という意向を反映できないケースが多くなります。

有料で販売されているカスタマイズプログラムや機能拡張プラグインを追加すれば、ある程度機能を拡張することはできますが、それもあくまで「決められたことしかできない」ということをしっかり認識した上で、「それでもいいのか」を予め検討することが重要です。

2.入力項目が非常に多く、入力者に大きな負荷がかかる

これは実際に不動産プラグインを導入していた管理会社様の現場の声として、大きな問題になっていたことです。不動産プラグインでは物件情報の項目が多岐にわたっており、非常に多くの項目を登録できます。入力画面のイメージをご覧ください。

どうでしょうか?ものすごく長くないですか?物件情報が充実するのは良いことなのですが、入力をする担当者は大変です。入力画面が縦に延々と続き、200箇所以上の入力項目があるため、当然入力ミスも多発します。

ある会社様はあまりの負荷に耐え切れず、不動産プラグインをあきらめてオリジナルシステムに切り替え、入力項目を整理された結果、入力作業時間が格段に短くなり、ミスが大幅に減ったそうです。物件情報のミスは致命的なトラブルの原因になる可能性がありますので、「ミスが発生しにくい作業環境」を整えるのが大切です。

プログラムが完成されていて充実しているのはありがたいことですが、管理画面をカスタマイズするのが難しいため、それでも構わないかを慎重に検討する必要があります。

不動産プラグインは無料でインストールして使ってみることができますので、まず実際にインストールして試しに使ってみることを強くお勧めします。作業の大変さは、実際に使ってみないと分かりません。

3.サイトの動きが遅くなる可能性がある

不動産プラグインの案内の中に下記の記載があります。

一般的なレンタルサーバーでは物件数は1000件程で遅くなってきます。また物件の入れ替え多い (post_idが1000以上) 場合も物件数が少なくても遅くなりますので定期的なデータベースのメンテナンスが必要になる場合もあります。

引用元:不動産プラグイン導入方法

不動産プラグインは、登録する物件の情報項目数が非常に多く、データベースの使用テーブル数が尋常ではなく多くなるため、物件数が増えれば増えるほど、情報項目を登録すればするほどサーバーに負荷がかかり、サイトの動きが遅くなる可能性があります

物件検索結果が表示されるまで数十秒かかったり、管理画面で登録した物件情報の保存が完了するまで数十秒かかったりした、というケースもあります。物件数が少なければあまり問題はないかもしれませんが、多い場合は動きが遅くなるリスクがある点について充分理解しておく必要があります。

Pattern② 簡単不動産pro+既存のデザインテーマ

【この方法の完成イメージ】

引用元:簡単不動産pro

こちらは不動産プラグインに比べて知名度の点では劣りますが、機能的には引けを取りません。物件情報の入力画面がタブでジャンル別にまとめられているので、画面の縦の長さが短く、不動産プラグインより物件情報が入力しやすくなっています。

不動産プラグインとの明確な違いは費用面です。無料では使うことができず、初期費用77,000円(テーマ版)又は11万円(通常版)がかかります。

また、コンバーターと連動できない「テーマ版」は月額利用料無料ですが、コンバーターと連動できる「通常版」は月額利用料11,000円(税込)が必要なサブスクリプション型です。通常版を利用する場合は、長期的なコスト面で不動産プラグインより高くなる可能性がありますね。(※料金は2022年11月時点)

完成型のプログラムであるがゆえ、希望通りにカスタマイズするのが難しいというデメリットは、不動産プラグインと同じです。更に、簡単不動産proの場合はデザインテーマが1種類しかないため、他社のサイトと似通ったデザインになってしまうリスクが非常に高くなります。

簡単不動産proの詳細はこちら

Pattern③ カスタム投稿タイプを作成+既存のデザインテーマ

【この方法の完成例】

引用元:株式会社LANDICソリューション様

ワードプレスの管理画面で「物件情報」というカスタム投稿タイプを作成し、「物件名」「物件画像」「住所」「最寄り駅」「間取り」「賃料」「敷金」「礼金」など、必要な項目を設定して入力できるようにします。項目を入力すれば、物件一覧ページと物件詳細ページが自動的に完成するイメージです。

もちろん賃料や市区町村、最寄り駅等、ご希望の項目で物件検索も可能(検索項目が増えれば制作費用が増えます)。物件一覧と詳細ページは、お選びいただいたテーマのテイストに合わせて弊社がデザインを制作します。

パッケージプログラムとは違って、御社のご要望に合わせて物件情報の項目を選別・設定できるので、必要最小限の情報だけ入力すれば登録が完了。お客様が閲覧する情報を、御社が見せたいレイアウトと情報内容にすることができる上、スタッフ様の登録作業を効率化できます。

デザインは、3万円前後で販売されているスタイリッシュなデザインテーマをそのまま使うこともできますし、ご希望に合わせてカスタマイズすることもできます。大幅なレイアウト変更はできませんが、色・画像・テキストの変更、多少のレイアウトやサイズ変更、配置入れ替え等のカスタマイズは可能です。

フロントエンドのデザイン設計に時間をかけないため、最短1~2か月で納品可能機能とページの種類が少なければ、100~200万円で本格的な物件情報サイトを構築できます

Pattern④ カスタム投稿タイプを作成+オリジナルデザイン

御社のご要望に合わせてサイトを制作します。地図の表示、詳細条件での物件検索機能、おすすめ物件の表示、レインズや大手ポータルサイト・賃貸管理システムとの連携も可能です。デザインはご要望をお伺いして、オリジナルのデザイン案をご提案致します。

複雑なデザインでなく、機能とページの種類が少なければ200万円~で制作可能です。自由度が高い分、ご要望のヒアリングと設計に時間がかかりますので、最短でも3か月以上は必要です。ご相談の際は期間に余裕をもってご相談ください。

まとめ

ワードプレスで不動産サイトを作成するなら、カスタマイズの自由度の高さを重視して、カスタム投稿タイプを作り、既存のデザインテーマをカスタマイズするかオリジナルデザインを制作するかのどちらかがおすすめです。

「不動産プラグイン」と「簡単不動産pro」は、ジャンルに特化した完成型のプログラムですので、自力でもすぐに簡単に物件情報サイトを作れるというメリットがありますが、カスタマイズの自由度の低さが大きなネックになります。

「制作会社に頼むことなく自社で作成したい」「制作費を30万円以内に抑えたい」等、「とりあえずやってみて様子を見る」というスモールスタートには「不動産プラグイン」が適していますが、サイトが成長した暁には、いずれシステムの作り替えが必要になる可能性があります。

メディアマックスジャパンは数多くの不動産サイトの制作実績がございます。豊富な知見を活かして、御社の成果を最大化するためのご提案が可能ですので、不動産サイトの制作をご検討されている会社様はお気軽にご相談ください。

この記事を書いた人

アバター画像

WEBマーケター 井上

横浜市在住のWEBマーケター。前職は不動産管理会社のWeb担当。お客様の気持ちをつかむコンテンツ設計や集客全般を担う。SEO対策とUI/UXの改善を組み合わせたCV数増加施策が得意分野。

投稿者の記事一覧を見る

2023年02月08日

       

記事のカテゴリ:

« »
       
Webエンジニア・プログラマー募集中
       
このページのトップへ