法人向けWebシステムの効果的な導入計画の立て方とは?

アバター画像
WEBマーケター 井上
2024年06月27日

法人が競争力を維持し、業務効率を向上させるためには、適切なWebシステムの導入が不可欠です。システム導入は計画的かつ段階的に進める必要があります。本記事では、法人企業や教育機関向けにWebシステムの効果的な導入計画の立て方を解説します。

事前準備【ニーズ・目的・目標の明確化】

Webシステムの開発や改修は、ビジネスの成功を左右する重要なプロセスです。計画段階での適切な考慮は、プロジェクトのスムーズな進行と高品質なシステムの構築に直結します。まずWebシステム開発の計画段階で考慮すべき主要なポイントについて詳述します。

ニーズの明確化

システム導入の第一歩は、自社のニーズを明確にすることです。以下のポイントを整理しましょう。

  • 現在の業務フローの課題
  • 解決したい問題点
  • システム導入によって得たい効果

目的の明確化

プロジェクトの目的を明確に定義することが重要です。これにより、チーム全体が一貫したビジョンを共有し、計画を具体化するための基盤が形成されます。以下の質問に答えることで、目的を明確にしましょう。

  • このシステムは何を達成することを目指しているのか?
  • 主要なユーザーは誰で、どのようなニーズがあるのか?
  • ビジネスのどの部分にどのような影響を与えるのか?

目標の明確化【SMARTゴール】

具体的な目標を設定することで、導入後の評価基準が明確になります。プロジェクトの成功を評価するための具体的な指標(KPI)を定め、達成すべき成果を明確にしましょう。

効果的な目標設定のためのフレームワーク「SMARTゴール」に沿って、具体的な目標を設定するのがおすすめです。SMARTゴールは、具体的(Specific)、測定可能(Measurable)、達成可能(Achievable)、関連性(Relevant)、期限(Time-bound)という5つの要素を備えた目標設定のフレームワークです。

このフレームワークを活用することで、明確で達成可能な目標を設定し、効果的な計画と実行が可能になります。SMARTゴールを取り入れることで、目標達成への道筋が明確になり、成功の確率が高まります

①Specific(具体的である)

目標は具体的で明確に定義されている必要があります。「何を達成するのか」、「誰が関与するのか」、「どこで達成するのか」、「なぜこの目標が重要なのか」といった具体的な内容を含めることで、目標がより現実的で実行可能になります。

悪い例 売上を増やす。
良い例 次の四半期でオンラインストアの売上を20%増やす。

➁Measurable(測定可能である)

目標は進捗状況や達成度を測定できるものでなければなりません。定量的な指標を具体的な数値で設定することで、目標達成のための進捗を確認しやすくなり、モチベーションも維持しやすくなります。

悪い例 顧客満足度を改善する。
良い例 顧客満足度調査のスコアを75から85に引き上げる。

③Achievable(達成可能である)

目標は現実的で、達成可能なものである必要があります。高すぎる目標はモチベーションを損ない、逆に低すぎる目標は達成しても意味がありません。現在のリソースや状況を考慮して、達成可能な目標を設定します。

悪い例 3日で新製品を市場に投入する。
良い例 6ヶ月以内に新製品の市場投入準備を完了する。

④Relevant(関連性がある)

目標は、組織の全体的な目標や戦略と一致している必要があります。関連性のある目標を設定することで、目標達成が組織全体の成功に寄与します。

悪い例 新しいコーヒーメーカーを導入する。
良い例 従業員の生産性向上のために、新しいプロジェクト管理ツールを導入する。

⑤Time-bound(期限がある)

目標には明確な期限を設定することが重要です。期限を設定することで、目標達成に向けた努力のタイミングや緊急性が明確になり、計画的に行動できます

悪い例 できるだけ早く売上を増やす。
良い例 年末までに売上を15%増加させる。

ステークホルダーの巻き込み

ステークホルダーとは、あるプロジェクトや企業の活動に影響を与える、または影響を受ける個人や団体のことです。具体的には従業員、経営陣、株主、顧客、サプライヤー、地域社会、規制当局などを指します。

彼らは、プロジェクトや企業の成果に対して何らかの関心や利益を持っているため、その意見やニーズを考慮することが重要です。彼らの期待やニーズに応えることで、企業の信頼性や成功の確率が高まります

効果的なステークホルダー管理を行うことで、長期的な成功と持続可能な成長を実現することができるでしょう。

チーム編成

プロジェクト成功の鍵は、適切なメンバーの選定です。以下のメンバーを含むプロジェクトチームを編成しましょう。

  • プロジェクトマネージャー
  • 各部門の代表者
  • IT専門家
  • 外部コンサルタント(必要に応じて)

コミュニケーション計画

定期的なミーティングと透明性のある情報共有を行い、ステークホルダー間の連携を強化します。

システムの選定と評価

要件定義

システムに求める機能と性能を明確に定義し、それに基づいてベンダーを選定します。要件定義書には、以下の要素を含めるべきです。

  • 必須機能と希望機能
  • パフォーマンス要件
  • セキュリティ要件
  • 予算と納期

もし自社で要件定義ができない場合は、分かる範囲で概要だけ決めて、詳細の定義は弊社のような専門家に依頼してください。その分費用は高くなりますが、自社で作るより迅速に、間違いのない物が完成します。

ベンダー評価

複数のベンダーから提案を受け、デモンストレーションや参考顧客の評価を通じて選定を行います。

システム設計と開発

このステップは、自社内のエンジニアチームに依頼できる場合を除いて、開発会社などの専門家に依頼する内容です。

詳細設計

決定した要件定義に基づき、詳細な設計を行います。UI/UX設計、データベース設計、インフラ設計などを具体化します。

開発とテスト

設計に基づいてシステム開発を進め、ユニットテスト、インテグレーションテスト、システムテストを実施します。テスト段階では、バグの修正と最適化を繰り返します。

基本的なチェックやテストは開発会社がやってくれますが、要所要所では自社でもチェックするのが肝要です。

導入とトレーニング

導入計画

システムの導入スケジュールを策定し、段階的な展開を行います。一度に全てを切り替えるのではなく、部門ごとや機能ごとに導入することで、リスクを最小限に抑えます

トレーニング

ユーザーがシステムを効果的に活用できるよう、適切なトレーニングを提供します。マニュアル作成やトレーニングセッションを実施し、ユーザーサポート体制を整えます。

マニュアルの作成は開発会社に依頼もできますが、その分費用が高くなります。

運用と保守

自社内のエンジニアチームに依頼できる場合を除いて、基本的には開発会社にご依頼下さい。

運用開始

導入後、システムの運用を開始します。初期段階では、問題発生時に迅速に対応できるようサポートチームを強化します。

継続的な保守

システムの定期的なメンテナンスとアップデートを行い、セキュリティパッチや機能改善を適宜実施します。また、ユーザーからのフィードバックを収集し、システムの継続的な改善に役立てます。

まとめ

法人向けWebシステムの導入は、多くのステップを踏む必要がありますが、計画的かつ段階的に進めることで、成功率を大幅に高めることができます。

事前準備から保守までの各ステップを丁寧に実行し、ステークホルダーの協力と適切なベンダー選定、ユーザー教育を通じて、効果的なシステム導入を実現しましょう。

要件定義、設計、開発、運用保守に関して専門家のサポートが必要な場合は、大学や不動産業界など、多数のWebシステムの開発・導入・運用実績がある弊社にお気軽にご相談下さい。

この記事を書いた人

アバター画像

WEBマーケター 井上

横浜市在住のWEBマーケター。前職は不動産管理会社のWeb担当。お客様の気持ちをつかむコンテンツ設計や集客全般を担う。SEO対策とUI/UXの改善を組み合わせたCV数増加施策が得意分野。

投稿者の記事一覧を見る

2024年06月27日

記事のカテゴリ:

«
Webエンジニア・プログラマー募集中
このページのトップへ