アドエビスについてmmj blog

マーケティングチームの大西です。
以前、アクセス解析や順位計測のツールをご紹介しましたが、今回は広告の効果測定ツール【アドエビス】について機能や特徴を簡単にご紹介したいと思います。


アドエビス公式サイト:https://www.ebis.ne.jp/

アドエビスとは

アドエビスは広告効果測定に特に充実した機能を持つマーケティングツールですので、広告経由で訪問したユーザーの詳細分析ができます。
Google Analytics やその他のアクセス解析ツールでは、媒体別の訪問数や滞在時間・コンバージョン状況など、WEBサイト(アプリ)全体の状況を把握するのに役立ちます。
一方、広告の詳細な効果測定を行うにはカスタマイズが必要となり、データを確認しにくいなど少し使いづらいことがあります。
データ分析をより詳しくかつ効率的にするために、アドエビスはとても便利だと考えています。

基本的な使い方

・アドエビス専用タグ(トラッキングコード、コンバージョンタグ)を計測したいサイトに置く
・PPCや外部媒体、メルマガといった広告のリンク先に効果測定用URLを使う

管理画面での操作は必要ですが、基本的にはこの2点のみです。
専用タグ設置は初回だけですので、運用時には効果測定用URLの作成が主な作業となります。

メリットを感じるところ

「直接効果」と「間接効果」を一元で確認でき、目に見えにくい本当の費用対効果を判断することができる点が大きなメリットと感じています。

・直接効果:コンバージョンに至った直前の訪問媒体
・間接効果:コンバージョンに至るまでの全ての訪問媒体
 例)
 広告からの訪問 -> 離脱 -> 検索で再訪問 -> 申し込み(=コンバージョン)
 直接効果:検索
 間接効果:広告

アクセス解析ツールでも効果測定は可能ですが、一般的に直接効果を計測しており、間接効果まで把握することが難しいです。
アドエビスでは、特に複雑な設定をすることなく両者を確認できるので、コンバージョンに貢献した媒体が何かを正確かつ容易に判断できます。

最後に

実際に弊社でもお客様にご報告する際、この分析結果によってある広告施策の有効性をご確認いただけ施策を継続していただいたという実績があります。
かつてとは比べ物にならないほど広告の種類が増え、様々なデバイスから訪問され、各種分析の難易度が高くなってきている中、このようなツールを活用し解析精度を高めて日々の運用に活かしております。

弊社ではアドエビスの販売取次もしていますので、興味がある方はお気軽にお問い合わせください。

WEBマーケター 大西 |

« »
このページのトップへ