WebコンサルティングWeb Consulting‎

あらゆるコミュニケーションはデジタル化している現在

デジタルマーケティング市場では日々新たな技術やツールが生まれます。
データ統合も情報連携も益々重要。プラットフォームの移り変わりが激しい分野です。
新たなルールが刷新され、新たな概念や仕組みが常に出来る分野なのです。

そのため、時代の潮流に合わせた柔軟な拡張性が求められます。
競合各社が凌ぎを削る、激しい競争を勝ち抜くためには”経営目線”が必要です。
それは、統括的なデジタルマーケティング最適化が問われる時代ということです。

Webコンサルティング・3つのメソッドから導き出す最適解

  1. 問題の本質を抽出し改善に向かう「問題解決フロー」
  2. 方針や目的から進め方を示す「ワークフロー」
  3. ビジネスの将来設計を明確にする「戦術戦略フロー」

Webコンサルティングでは、この3つのメゾットで最適解を導き出します。

しかし、とある場合。必ず一度は揉めるWebコンサルティング。
その理由とは。

主な問題が「技術要因」の場合は比較的スムーズに進行します。

しかしながら主な問題が、特に人的要因など「技術以外の要因」が大きな場合、
それは「デジタルな問題」だけが要因ではないため、スムーズにはいきません。

デジタルマーケティングを運用し、成果を出していく中で起こる様々な課題。
それを解決に導くためのWebコンサルティングですが、残念ながら企業様が
大きく誤解や勘違いをしていることが多い傾向にあります。

それは「Webコンサルタント=便利屋」「Webコンサルタント=何でも解決する」
「全てはコンサルタント側がやること」といった間違った認識から起こることが大半です。
これではビジネス課題に対する解決は遠いものとなってしまいます。

1)課題を明示化すること・課題に対する解決方法を導き出す役割

「協働」が大前提のWebコンサルティングですが、必ずしも「作業負担が減る」、
「担当者が楽になる」「売上がみるみるUPする」という意味ではありません。

あくまで「客観的な立場で俯瞰な目線」を通し、「今まで気が付かなかった課題を
明示化」したり、「今まで、何かしらの事情で避けていた(後回しにしていた)問題点を
明示化」し課題に対する解決方法を導き出す役割がWebコンサルティングなのです。

2)Webコンサルティングに必要なのは「協働・本気度・胆力」と強い意思

人間関係でも恋愛関係でも、「課題を明示化することは良いこと」です。
それは、誰しもが判っている反面、やはり課題を明示化することは、
非常に「胆力と体力のいるタフな作業」です。

さて、これをビジネスに置き換えた場合、如何でしょうか。

むしろ、企業側が放置していた「本当にやらなければいけないこと」が、
明るみになることが多々あります。何かしらの既得権益もあるかも知れません。
その結果、その対応策=やるべきことは絞られてきます。

しかしコンサルティングによって、Web担当者様が本音では”やりたくない仕事”を
やらなくてはいけなくなったり、優先度が低いため(後回しに出来ていた)
無視し続けていた重要度の高い作業や施策も、取り組まなくてはなりません。
そのため、Web担当者様の作業負担が一時的に増える状況も想定されますが、
課題改善に必要な手順を正しく踏むことで、ご納得いただける解決環境が整います。

3)成果を「本気」で求めたい方に「本気」でサポートする業務です

Webコンサルティングとはつまり、組織としての成果を「本気」で求める
クライアント様に対し「本気」でサポートすることです。
ですから、クライアント様側が、「本気で成果を出したい」という意識でなければ、
良い結果が生まれることはまずありません。

これが念頭に述べた”揉める最大の理由”であり、コンサルティングに対する”認識違い”
が起こす問題なのです。それでも尚、「成果を高めるために協働を促進していくことが
非常に有意義な手段」であることも事実なのです。

4)Webコンサルティングでは「施策の実践」が求められます

本質的には全て「意思」だけで実現することができます。
本当に必要なのは、本来誰もが持っている「意思の実行」だけなのです。

詰まるところそれが出来なければ「本気で成果を求めている訳ではない」証左
とも言えるでしょう。「協働で成果を本気で求める」ということの裏を返せば、
それは「一切の妥協はしない」ということでもあります。

つまり「出来ません、やれません」は言わないことが非常に重要なのです。
「それは出来ません。他にやり方ありませんか」では、原則に反しています。
あくまで本気で「成果を導くための手段として施策の実践を求める」わけです。

5)「出来ません」は成功に対する引き算。成果を求めるなら「足し算」

Webコンサルティングは「仕事を楽にするため」に存在するわけではありません。
あくまで、「本気で成果を出すための手段の一つ」です。
ですから「出来ません」を言えば言うほど、成功に対する引き算になります。
何故なら、引き算をすればするほど、本質的な課題を解決できなくなるからです。

「本気で成果を求める」上で肝要なのは、「出来ません」を決して言わないこと。
「出来るようになるまで」のステップUPの協働することが重要なWebコンサルティング。
Webコンサルティングとは、「出来る習慣を促す」手段とも言えるでしょう。
Webコンサルティングとは、協働を加速化させ成果を求める「足し算」なのです。

Webサイトはリリースしてからが長い本番の始まり

今や、Webサイトは経営と密接する関係。正に経営戦略そのものだと言えるでしょう。
対する大敵は「結果的に柔軟に対応できない仕組みがパターン化してしまう」ことです。
プレイヤー(当事者)であることを失念し、評論家(傍観者)になってしまうことが大敵なのです。

一方、企業側の認識はどうでしょうか。
可能性を最大限発揮するために”すべき事”が増え、作業専門性も増すデジタルマーケティング。
対して、Webサイト以前にこのような課題がある企業様もお見受けします。

  • 「Webサイトの重要性が社内に浸透していない」
  • 「社内サイロ化で連携が図れない」
  • 「社内承認が遅く、改善が遅れる」
  • 「Web部門と営業部門との疎通が上手くいってない」
  • 「Web担当者を登用しても”体制の問題”がある」
  • 「社内理解や態勢の問題からデータ活用が出来ない」
  • 「刈り取り指標で判断する上司がボトルネック」
  • 「(その割には上司が)結果が欲しいと慌てて五月蠅い」
御社のご認識はどうでしょうか。何か当てはまることがございませんか?

専門性の向上から益々激務になっていく企業Webご担当者のご苦労をお察しいたしますが、
同時に、まずは「冷静且つ客観的に状況再確認いただくこと」も必要かもしれません。

このように、Webサイトが抱える問題とはWebサイト上の問題だけではないのです。

そのお悩み。mmjが紐解きます。改善を図ります。

要因は様々。だからこそ、まず『相互理解と信頼を大切に』いたします。

技術要因、人的要因、予算要因、競合要因。その要因も解決策も様々です。
サイト力を高めるには、今必要なアプローチ判断や実行力と共に
その円滑な進行や実行のための仕組みの構築が求められます。

企業Webご担当者様がいらっしゃる企業様は、ご担当者様との協働を促進します。
企業Webご担当者様がいらっしゃらない企業様でも、丁寧にサポートいたします。

Webコンサルティング ご提供しているサービス

□Webコンサルティング全般:25万円~/4カ月~

  • ヒアリングと現状分析から運用環境改善プログラム提案
  • セカンドオピニオンとして現状分析や改善ご相談
  • 集客・販売促進・ブランディング・サイト運用改善ご相談

□『企業Webご担当者』に関するお悩み:70万円~/3カ月~

『IT・マーケティング・営業・経営の相関性を理解し、
コミュニケーションを円滑にする役割を担う人材』の育成サポート。
また、将来的に内製化をご検討の企業様もご相談ください。

※内容により変動するため、ご相談の上でお見積りいたします。

~ご相談やご報告:安心の3つの形態~

  1. レポート:ご送付
  2. skype等による定例ご報告
  3. 定例ご訪問のコンサルティング
このページのトップへ