情報設計Information design

多くのインターネット利用者は何らかの目的を持ってWebサイトを訪れます。訪れた方が求めている情報を適切に提示し、誘導し、共感してもらい、時には新たな気付きを与え、そして最終的に目的を満たして満足してもらうこと。そんなWebサイトを作る為の設計図を作るフェーズがこの情報設計です。

Webサイトの目的を正しく理解する。それが情報設計の第一歩

クライアント様が抱えている問題をご相談いただき、その問題を確実に解決することがmmjの仕事です。「どのような相手に何をしてもらうことが目的なのか?」まずはそれをお客様からお伺いし、ご相談することから始まります。

伝えるべき相手(ここではエンドユーザと表現します)と目的を明確にすることで、どんなコンテンツ、ページが必要なのか、どこを強調・重要視すべきなのか、どのようにサイトを構成し、どのように誘導するべきなのか…など、必要な判断を行うことができます。

Webサイト全体から細部までの設計図を作製

情報設計フェーズでは、「サイト構造設計」「ページフロー設計」「ワイヤーフレーム設計」「ナビゲーション設計」、その他の仕様策定を行います。

サイト構造設計

掲載する情報をどのようにグループ分けして、どんなグループ名をつけていくかを整理し、其々のページにどのようなコンテンツを掲載するか概要を決定していく作業です。情報量のバランスや階層の深さ、階層の数などを考慮しながら、エンドユーザにとってに分かりやすい構成になるよう設計を行います。

ページフロー設計

エンドユーザがWebサイト内をどのように遷移するかを想定した設計図です。
この設計を行う事で、目的を達成するまでのステップ数が多すぎないか、行き止まりになってしまうことがないか、などを予めチェックすることができます。
エンドユーザの状況や目的は、全員が全く同じということは有り得ないので、通常複数のページフローを想定して設計します。

ワイヤーフレーム設計・ナビゲーション設計

各個別ページに、具体的にどんなコンテンツをどのようなレイアウトで配置するか、どれくらいのボリュームの情報が入るのかを決めていくワイヤーフレーム設計、また同時にサイト内外へのリンク設定をどうするかなどを決定するナビゲーション設計を行います。

上記の情報設計はある程度段階的に行っていきますが、相互に関連する内容のため並行して調整を進めます。

その他の仕様策定

動作保証対象となるデバイス・ブラウザの決定、アクセシビリティガイドラインへの準拠有無、ドメインやレンタルサーバ等の選定、またWordPress等の更新システム導入有無など、製作に必要な各種仕様決定を行います。
更新システムを導入する場合には、今後長く運営する担当者様ができるだけ負担無く更新できることが大切だと考えています。
情報設計の段階で運用ルールをお聞きしながら、適切なカテゴリ構造やアクセス権設定等、更新担当者が使いやすいように配慮します。ご要望内容によっては、オリジナルの更新プログラム制作など、小規模なものでもシステム開発をご提案することも可能です。
またこちらも必要に応じて、検索エンジン対策を考慮して最適と思われるサイト構造の調整、コンテンツ案増強などを行うことができます。

このページのトップへ