マークアップMarkup

調査、企画、設計、デザインを経て、いよいよそれらをインターネット上に公開できる形式のファイルにするのが「マークアップ」です。 HTML5/4、CSS3/2、場合によってはjQueryなどの技術も導入しながら、Webサイトを形にします。

文書構造や各要素の意味を明確にした論理的なマークアップ

マークアップによって記述されるHTMLやCSSといったコードは、基本的にはWebサイト閲覧ユーザーの目に触れることはありませんが、非常に重要な要素です。

例えば、住宅建築を連想してみてください。
どんなに外観が立派な建物も、資材の選定が悪かったり、手法に不手際があったりすれば、それは欠陥住宅と言えます。

Webサイトにも同じことが言えるのです。
ブラウザでの表示が同じでも、どのようなタグを使用してどのようにマークアップするかで、Webサイトの”目に見えない部分”の価値が変わります。
ページ内の各要素がどのような意味のものなのか、そしてそれらは各々どのような関係なのかなど、意味や構造を論理的に表現するべきです(セマンティックWeb)。
それが、更新性を高めることにもつながり、検索エンジンからの評価にもつながります。

mmjでは、W3C(World Wide Web Consortium)の定める規格に沿った、世界標準のマークアップをおこなうとともに、セマンティックWebを推進しています。

HTML 5/4、CSS 3/2、マークアップ言語は案件に応じて柔軟に対応

現在、Webの世界では、HTML5 や CSS3 の標準化が概ね浸透しています。
多くのユーザーの間では、それが当たり前になりつつありますが、それらに対応していない古いブラウザを利用しているユーザーも少数ながら存在していることは確かです。

また、「ガラケー(フィーチャーフォン)」と呼ばれるモバイル向けサイトであれば、ごく稀な例ではありますがXHTMLあるいはCHTMLが望ましい場合もあります。

Webサイトの種類やお客様の業種によって、ターゲットユーザーの特性は異なります。
mmjでは、しっかりとデータを収集し、ターゲットユーザーの特性を理解した上で、どのようなマークアップ言語を採用するべきか、ご提案しています。

その他、様々な技術に対応

動きのある表現が必要な場合はJavaScriptなどのスクリプト、ワンソースで複数の表示デバイスに対応する必要があればレスポンシブWebデザインといったように、Webサイトのマークアップには様々な技術が存在し、日々、進化しています。 mmjでは、常に新しい技術を吸収し続け、最適な技術を実戦投入しています。

このページのトップへ